にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

経験したことがないような・・・

非常に大きな台風が来ています。雨・風の被害に気を付けてください。今通り道に当たっている方がご無事で過ごされますように。

 

さて、この台風のニュースで「経験したことがないような大雨」が来るとテレビが言っている。東日本大震災などで表現が検討されてこうなったという報道は聞いたことがあるが、この表現、どうも違和感がある。

そのニュースの続きを見ていると、1時間に50mmぐらいの雨のことを言っているようだ。

もちろん、1時間50mmは大変な雨なんですよ。災害も起こるかもしれない。

だけど50mmぐらいの雨が降るということは全くないかというとそんなことはない。

日本国内で言えば、たとえば昨年島根県西部および山口県を襲った集中豪雨で、山口県では1時間143mmという記録的な大雨を記録した。ということは、沖縄で「経験したことがないような大雨」の3倍程度の雨は昨年山口県では降ったわけだ。

記録を見ると、やはり沖縄県内(離党含む)でも1時間150mm、2時間で300mm近い大雨が降ったという記録はある。沖縄本島自体にはいままでは大した雨が降ったことがないのだろうか。それとも、沖縄県の一角にはそんなに雨の降らない地域があって、50mmぐらいの雨はその地域の人にとって「経験したことがないような大雨」なのだろうか。

 

また、この表現には主語がない。このブログではワードプレスで新しいページを作るときに固定ページなどを作る都合で、各ページに連番ではなくて特定のサブディレクトリ名をつけている。経験したことがないような、というので多分youveneverseenとしているけど、もちろんこれはYou have never seenのことです。英語ではYouとかTheyとか、必ず主語がいる。Theyって誰だ。沖縄の人か。日本人一般か。9歳未満の子供のことか。世界中を旅行して歩いて現在90歳みたいなおじいちゃんも経験したことがない大雨ということか。

アフリカのどこかの人々で、数が数えられない人がいて、両手で数えられない以上の数は要するに「いっぱい」だというと聞いたことがあるが、気象庁さんもそういう人々にもわかるようにということで「お前が経験したことがないような」と言っているのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください