にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

ひと(他人)

この目に見えるものは、所詮網膜に映った像を、我々に可能な意識レベルで再構成したものだ。というか、網膜に映った像と世界とはどこかで線を引くことは出来ない。それが、目の前の世界が、同時に私たちの鏡でもある。

 

だが、おかしなのは、その時の他人とは何か、だ。

 

通常の意識ではその人はそこにいる。だが、一旦違うように見え始めるとそれはそのままではない。その人は、いわば私の鏡に映って、鏡の像が話したり通り過ぎたりしていくのです。

 

その人のその人自身はどこにあるのか。

だから、たましいということはこの上もなく大事だ。私たちにとって大事な人は、ものとしてそこにいるだけの人ではなくて、きっと縁のある人なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください