にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

つゆだくの牛丼、お子様ランチ

ギリシャ語のぴちぴちピッチを見ていると、食事に関しては、文化の違いというものがあるのをひしひしと感じる。というか、ぴちぴちピッチというアニメ自体が、ものすごく日本的なもので作られていると思う。アニメでは彼らが住んでいるところはパールピアリ(クセノゾヒーオ・マルガリターリ)というプチホテルで海斗君もシャワー浴びたりしているから、この辺は西洋人も抵抗なく見られると思うが、漫画では真珠湯なる銭湯だったらしいし、だいぶ違っているのだろう。

 

最初聞いたときはあまり気にならなかったのだが、10話で、大きなテーマは過去にとらわれてちゃいけない、的な話なのだが、ヒッポ君が珍しい食材が入った云々で料理を持ってくるとリナさんが、なつかしいみたいなことをいう。おい、なんで人魚の料理にアスパラガスのような付け合わせがあるんだ?
ヒッポ君は人間界の料理は人魚の口には合わないでしょという。そこでるちあさん曰く

「私、結構ハンバーガーとか、つゆだくの牛丼とか好きだけど・・・」

これも、ギリシャ人がつゆだくの牛丼をうまいものと認識している様子は思い浮かべることができない。

Χο! Εμένα μου αρέσει το χάμπουργε και το ψητό κρέας με τις τηγανιτές πατάτες.
(ホ!エメーナ・ム・アレーシ・ト・ハンブルゲ・ケ・ト・プシト・クレアス・メ・ティス・ティガニテス・パターテス)みたいなことを言っているように思える。つまり、

「えっ、私はハンバーガーとローストした肉にフライドポテトを添えたものは好きだけど」

と、言ってることになる。人魚さんたち、あんたら海でなに食うてんの?という突っ込み満載の箇所だけど、こういう三枚目なところがるちあさんの面白いところでもある。

 

また、後半の最終回で、生まれ変わったミカルさんが、「お子様ランチ大好き」というシーンがある。お子様ランチも西洋にはないよ。で、どう言っているか聞いていると、ここでは料理名は言わずに「お気に入りのレストラン(エスティアトーリオ)に行く」としか言っていない。

 

外人さんたちはこの「お子様ランチ」とか「牛丼」に対してはどう思っているのだろう。牛丼はロサンゼルスなどに吉野家が進出しているらしいし、日本に観光に来る人の間では、「ああいうもの」というのは知られているとは思うが。

それで
「牛丼 外国人」
「お子様ランチ 外国人」
みたいな検索をしてみると、結構面白い検索結果がヒットします。概して彼らの評価は高いようですね。

なんだかんだ言っても、日本は温暖で植生も豊かで、恵まれた土地なのだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください