にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

岸田文雄自民党総裁誕生のホロスコープ

本日15:00、4人の候補の中から岸田文雄前政調会長が新総裁に選出されました

2021/09/29 15:00 自民党本部

1年前、菅総理が選出されたホロスコープを作った。やはり9月で、3時過ぎだった。

その時自分はASCがみずがめ、フィックスドサインであることをもって、安定政権になるのではないかと判断した。しかし、スキャンダルなどでやめたわけではないにしろ、人気やら力関係やらで一年でやめることになった。

そして、今回もみずがめなんです。9月で3時ごろにホロスコープを作ればみずがめになることは当然のことだ。

そして季節が変わらないから、太陽の位置も同じだし、水星の位置も似通っていることになる。また1年しかたっていないので遠い外惑星、冥王星や天王星が同じハウスに位置しているのです。

これでは、あんまり参考にならないじゃないですか。ひょっとしたら国会で承認されて首相が選出されるときのホロスコープを作るべきなのか?

 

しかし、微妙な違いはあるにはある。岸田さんの場合には第1ハウスに木星・海王星がある。その分、12ハウスの惑星は3つから2つになった。つまり政敵は多いにしろ、菅さんほど苦労しないのかもしれない。岸田さんは自分の派閥をお持ちだから、そこはある程度自分の主張というものをすることができるのかもしれない。

ASCは1度から12度になった。ASCがサインの極めて若い度数にあるとき、一般的にはこのことはその決定が時期尚早、早すぎることを表す。これも、ひょっとすると菅さんの不安定さをいっていたのかもしれない。しかし、要するにみずがめは変化を表す場所だ。

第5ハウスの月をどう見るべきか。この人は、何か国内総生産を押し上げるとか、何か変化をもたらすことができるのだろうか。

菅さんのときには第3ハウスは火星が支配していて、その火星は第3ハウスにあった。
しかし岸田さんは第3ハウスは金星が支配していて、その金星は第9ハウスにある。振り返ってみると、菅さんは在任期間中の選挙ではすべて負けている。岸田さんについては、そういうことはないのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください