にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

和歌山山中男性遺体のホロスコープ

昨日早朝、和歌山山中で下着姿の男性の遺体らしきものがあるのを通行人が見つけ警察に通報した。通報者によると、黒っぽいワゴン車が止まっていて男2人が何かを隠している様子が見え、2人が車で逃走した後近づくと遺体があったという。その後似た車を阪和道で警察が見つけたが、猛スピードで大阪方面に逃げ、警察はこれ以上追跡するのは危険と考えて追跡をやめたと報道されている。

 

2013/7/25 5:20 和歌山県日高川町江川

No1029

被害者は第9ハウス牡羊の天王星、水星は3度ほどスクエアを分離してしまっており、一番近いスクエアの星は火星、そして次が木星になっている。火星は被害者から見て第3ハウス、第10ハウスを支配する。被害者から見て第10ハウスに当たる第5ハウスは、蠍と射手の間にあるから、火星も木星も関係しているように見える。ちなみに過ぎている水星は被害者から見て第8ハウスを支配している。

 

第3ハウス兄弟・隣人、第10ハウス上司・仕事、ということになる。天王星も火星もいわばヤバい星であって、木星はちょっと上役・大物と考えると、やはり暴力団関係者だろうか。どんどん深読みしてしまうと、多分この人は何か金のことで不始末をやらかしたのではないだろうか。(第8ハウスを水星が支配、何か契約上のトラブルとか) その結果上役と兄弟分から消された、みたいなことを連想する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください