にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

京都祇園暴走事件のホロスコープ

12日てんかん症状を持つ会社員が繁華街で赤信号を無視して次々人をはねるという事件が起きた。警察は殺人事件として捜査しているようだ。

 

この事件、すぐに星も見ていたのだが、殺人だという認識はなかった。京阪祇園四条駅は阪急との乗換えなどでいろいろお世話になった場所でもある。

 

2012/4/12 13:10 京都市東山区大和大路四条

第1ハウス獅子で支配星太陽、土星がオポジションであって第6ハウスを支配している。一方死者を表す第8ハウスの海王星は魚にあり、自身がディスポジターであり、凶角を作る惑星はない。

つまり、ここで暴走した人(太陽)は病気や職場の問題(第6ハウス・土星)があって苦しめられていたものの、被害者に対して積極的に苦しめよう殺害しようという意図はなかったのではないか。海王星が本宅にあるということは、これも被害者は不幸な状況にはまってしまったということであって、悪意を持った凶悪犯罪ではないのではないかと思った。

強いて言えば火星がオポジションで火星は逆行・分離している。第9ハウスが牡羊だし、被害者から見た第9ハウスも蠍になる。これをどう考えるかだけれども、今後運転途中で意識を失うような疾病を持った人に対する法律が変わっていくということではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください