にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

μια και

慣用的な表現の中で、知っていないとすぐにはわからないものの一つにこのμια και(ミア・ケ)というのがある。

μια (ミア) 1の女性形で、不定冠詞(英語でいうa)に相当する。

例) μια γυναίκαある女の人

και (ケ) 英語でいうand、またはtoo

例)
Ο Νίκος και η Ελένηニコスとエレーニ
Και αυτός έκανε 彼もやった

ということで、よく使われる単語なのだけれど、μια καιというと、そのあとに理由を述べる、「なぜなら・・・のです)みたいな意味になる。

 

またμια και καλή (ミア・ケ・カリー)は「この際きっぱりと」「これを最後にはっきりと」というような意味になる。

またμια και μιλάμε για ~(ミア・ケ・ミラーメ・イア)は「~といえば」ということになる。

例) μια και μιλάμε για το καλοκαίρι 夏と言えば

 

次のシーンはるちあさんと海斗が出会ってまもないころ、海斗がるちあに「昔あった人魚に似ているんだが・・・そんなことあるわけないよな」と語り掛ける場面。海斗も戸惑っていて、るちあは自分が人魚だと気が付いてほしい。

ところがるちあの口をついて出たのは「海斗は何もわかっていない。幻想を見てるだけじゃないの」というようなセリフだった。女心は難しいですね

Μα, πως ανόητος είσαι! Άνοιξε τα μάτια μια και καλή (マ・ポース・アノイトス・イーセ!アニクセ・タ・マティア・ミア・ケ・カリー)

あなたはなんて馬鹿なの!この際目を覚ましなさい!というわけです。

慣用表現は覚えなきゃ仕方がないですよね。だけど、アニメは外国語学習にはすごく役に立つと思う。

1 thought on “μια και

  1. りんね

    久しぶりに事件らしいですね。もちろん心中とかあるかもしれませんがhttp://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3101029.html

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください