にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

ネット世論工作員

新型コロナウィルスが流行り始めた去年はじめ、ニュースが武漢ウイルス研究所から該当のウイルスが流出したという論文について報じた。この論文は肖波濤(本当は中国の簡体字なのでちょっと違いますが)という学者さんが発表したものだったが、まもなく肖先生は消息が不明になったということも報じられた。(消息不明という報道をしたのは、今調べると日刊現代だったようです。ウォールストリートジャーナルなども肖先生には言及しているが、論文が撤回されたということのみ報じています。)

 

新型コロナウイルスが中国起源のもの、そして人工的なものではないか?という意見がニュースになることがある。実際のところこれがほぼ結論だと思う。

そうしたニュースがYahoo!ニュースに出たりしたときに、自分はこの肖波祷さんのことについてコメントしたことがある。

すると、なぜかわからないが、「そう思う」に1つぐらい入る間に「そう思わない」あるいは、所謂青ポチに5つぐらいクリックが入るんです。

 

 

どう考えても理不尽なんですよ。これ、ヤフコメみたいなところに出入りしている野次馬にとっては喰いつくためには絶好の材料だと思うんですよ。それにヤフコメは大体右寄りの傾向がつよく、韓国や中国に快い感情を持っていない人が多い。だから傾向としては青ポチ1個に対して赤ポチ10個ぐらいついていいと思うんだけど、絶対そうならない。そうなる前に青ポチがたくさんついて見えるところから消えてしまう。

その後の肖先生について、何か新しいニュースやコメントが出ているかというとそういうこともない。論文が撤回されて連絡が取れないということが、最後のニュースなので、自分が事実とものすごく違う投稿をしたということはないと思う。

 

ということは?

中国は、新型コロナウイルスが武漢起源だったということを、単に政府の広報官や国連の代表が公に発表しているだけではなく、外国のSNSや世論を形成するコメント欄などでそうした意見をもみ消そうとしているということですよね。

嫌な奴らを相手にしなければならないものだと思います。人一人消しておいて、その事実を隠蔽するネット活動をした工作員は党から金が払われる。他の国なら・・・少なくとも日本なら、れっきとした証拠が見つかった時点で、責任者が腹を切らなきゃ仕方がないということになるでしょう。それ、「なかったことにしましょう。日本やアメリカで?ええ、もちろんです。」というのが通っちゃうんだから。

 

もっとも、工作員自体は、中国だけのものではないのかもしれない。

ひょっとすると、何らかの分析によって「これは工作員だよね。この勢力について、これだけの工作員がいるはず。」みたいなのが分析できるかもしれない、とも思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください