にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

あっ、あれは夢か!?

前にもこの記事を書こうと思ったのだけれど、どうしても自分の個人的なことをさらしてしまいそうで、ちょっとためらってしまった。でも今回は前回とは別のことで、似たようなことがあったので、ちょっと記録して他の人の意見も聞いてみようと思って・・・

自分は、浮気はしていない。というか、少なくとも一度に二人の女性とよい仲になっているということは、過去にはない。
なんの間違いも犯していないというつもりはない。童貞で結婚して、一人の奥さんでずっと何事もなく過ごしているというわけではない。できるならそれがいいよね、ほんとは。
それでもあれこれの人にちょっかいを出したり、プレイボーイなことをすることはとてもできない。金星が火星にある、北陸の言葉でいう「おぼこい」というのか、まあまあ家庭的な星で実際そうだと言っていいと思う。

 

ところがある夢の中で、3つ寝床があって、濃いむらさきのモダンな柄のお布団で、確か3人の幼馴染みたいなのがいるという設定だったと思うけれど、そのうちの一人とやってしまった。そういうことをしちゃダメだとわかっているのです。でも、夢の中では自分は大胆でやってしまっている。そういう事態に陥りながら、これはまずいな、これはやってはいけないことだ、とちゃんと思ってはいるんですけど。

そういうことが、何年か後、またあった。その時はもっとひどかった。大学入試だか、就職試験だかのために大勢の人がある建物に泊まりに来ているという設定だった。エレベーターはあったと思うけれど、現実世界のものよりは古めかしい建物だったと思う。多くの有能でかわいい女の子も受けに来ている。
ここでもまた、そんなことをしてはいけないとわかっているのに、次々とその泊まりに来ている女の子をたぶらかして寝取っていくのです。周囲からそれで不審に思われたりしてもおかまいなし。しかし罪悪感にはかられながら。

あるときには、この子と寝てしまって結婚しようと約束したのに、次のシーンでは別の子とやっていて、あの子と約束してるけどどうしようとか考えていたりする。

 

それで今日の問題は、起きているときのこの普通の世界で

「あなたは浮気していませんか。悪いことをしていませんか。」

みたいなことになったときに、「あっ、俺悪いことした!」みたいに一瞬思ってしまったりするんですよ。してない、してない。あれは夢だよ。

異性関係の夢は話としては強烈なんだけど、それ以外でも、「たしか、ああだったよな」と思う記憶が実は夢だったということがあります。なかには、とんでもない不道徳なことや不名誉なことだったりします。なんとなくそのことを考えて、「いや、あれは夢だよ」というような・・・こりゃ、頭おかしいよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください