にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

ゆるそうよ、もっと

ずっと三浦春馬さんの話題をやってる。

「受け入れがたい」「信じられない」「彼の作品を見よう」・・・やかましい!
彼は、自殺したんだよ。自ら希望して死んだんだ。それで終わりでいいじゃないか。
ネットのコメントで「ご冥福を・・・」と言っている人もいる。自殺だ。ご冥福は無理だよ。

少し記憶があいまいなのだが、若いころ神父さんのお手伝いをしていて、人が死んだという話が伝わってきた。通常ならこれで埋葬式があるので、教会のいつものメンツは駆り出されるわけだが、その話をしてくれた人は少し声を落として「それが今回は普通の死じゃないらしい。聖堂には入れられないらしいよ。」ということで、このときは自分はタッチしなかったと思う。
自殺は、普通の死ではないのだ。

 

昨年から多くの芸能人の不祥事があった。

沢尻エリカは大河ドラマの重要な役どころで、かなりの話数の撮影を終了していたのに、薬物で逮捕されて、すべて取り直しになった。しかし、沢尻さんはもったいないと言っていい役者だと思うし、それに薬物のことなんか十年も前から言われていることじゃないか。

徳井義実もそうだ。大河ドラマで鬼の大松監督の役目をもらって、なかなか血気迫る演技だったと思いますよ。あれ、他の人で出来ないよ、多分。身長、バレーの経験値、関西弁、適役だった。しかし、彼は税金の滞納が発覚し、NHKはまるで死刑囚をテレビに出したかのように番組にテロップを入れた。

 

それに比べると、三浦春馬は自殺だよ。圧倒的にダメじゃん。沢尻も徳井もアカンことをした。それはその通りだが、彼らは生きているんだし、その失敗を上回る何かを残す可能性もまだある。

で、今の風潮は、まるで「死ねば、惜しい奴で、残念だ」みたいなことになっている。それは自分はおかしいんじゃないかと思う。

思うに、この風潮は、言い換えれば我々が寛容でなくなったということなのだと思う。

死んでいない人、間違いを犯した人は、まるでそいつが生きているのがいけないことででもあるかのように人々は散々に叩きのめす。やれ、自分も同じ目にあえばいい、給料を返上しろ、退職金を受け取るな、人前に出て来るな・・・そうして繊細な人ほど自分の居場所がなくなって、自殺に追い込まれる。そしてそいつが自殺すると「死んだから立派だった」という。

生前にいろいろな罪を犯す。ま、薬物は依存性があるし、なんでそんなものをするのかと思うけど、でも社会でそういうことがあることはまちがいない。税金だって、本当に払えない人もいるだろうし、徳井の場合は、その「想像を絶するルーズさ」かなんかということも、本人としては嘘を言っているわけではないだろう。

アカンことはアカンよ。アカンことはアカンけど、生きている間は悔い改めたらチャンスをあげよう。俺も罪びとだ。お互いもっとゆるしあおうよ。
それができないから、自殺した人だけやたら美化することになるのではないか。自殺は美化しちゃいけない。自殺した人は最後の最後にやってはいけない選択をした。それは回復のしようがないのだ。

 

なんでも三浦さんは農業がやりたかったとか何とか・・・やればよかったじゃないか。儲けにはならないけど、うちの稲刈りを手伝いに来てくれたらよかった。予定の撮影現場に来ていません!実は島根県の山ん中に黙って逃避して稲刈りしているらしい。それでいいじゃないか。

5 thoughts on “ゆるそうよ、もっと

  1. えむ

    自殺って、まともな判断力も残っていないからやっちゃうんじゃないかなぁ…と考えたりします。或いは、衝動的に魔がさしてやってしまう場合もあるような気がしています。するか、しないか、何がそれを分けるのでしょうか。

    返信
    1. simpledirect 投稿作成者

      えむさん、こんにちわ。

      こんな記事を書いてなんですけれど、私の身近にも自殺した人がいて、あんまり偉そうなことは言えません。
      自殺した人が一様に衝動的に自殺したというのは間違いで、よくよく考えて死ぬ人もいます。特に年齢が行ってからの自殺というのは、衝動的ということでは片づけられないケースもあります。
      一応、出生図の中などにも、暗示はあるかもしれないとは思う。ある程度、「危険な人」というのも運命的にあるかもしれない。

      ただ、自分がこの記事で言いたかったのは、むしろ周りの反応です。やっぱ、ダメでしょ!と私は言ってほしい。美化しないでほしい。

      返信
      1. ネコ

        どうもネコです。このコーナーご無沙汰してます。偶々、このページを開いたら、三浦春馬さんの自殺から、色々な記事コメントが書かれていて、読みました。
        私の周りにも自死(キリスト教界では、近年、自殺の事を何故か自死とよんでいます。何故なのか調べていません)で亡くなった人が何人かいます。
        息子さんを亡くした人、娘さんを亡くした人、私の知人、などなどです。それぞれに悲惨でありました。自殺自死は何故いけないのか?身投げなどの積極的自死、こうしていれば死ねるか、等の消極的自死、。自殺自死、言葉は違うけれど、悲惨さは変わりません。息子さんを身投げで亡くされた人は、頭の毛が禿げるほど嘆き悲しんでおられました(女性)。また、孤独なつもりで自死した青年は、その同級生が男泣きに涙を流し嘆き悲しんでおられました。その青年は、「本当に神が『私(神)は、あなたをけっして見捨てない』ということが本当なら、自分を助けてくれる筈だ」と、あたかも神を試すようなことをし、寒い冬に山奥の戸外で下着1枚で寝て凍死しました。この青年は私に進路について色々と相談を持ちかけてきたこともありました。また別の知人は、やはり息子さんに自死され、悲しみのあまり暫くの間、口がきけなくなりました。私の知人の娘さんは、病気を苦にして、死を選びました、。私に何度も信仰についても相談してくれていたのに、、なんでもっと連絡をしてあげなかったのだろう、あの時、私に孫が生まれて忙しかったから、、言い訳、なんでもっと電話とかしてあげなかったのか、、。
        私はどちらかと言うと、自殺願望のある口ですが、この年齢になって思うようになりました。自殺自死は、絶対にダメなことだ、絶対にしてはならないんじゃないか!これだけ何人もの周りの人を悲しませ、傷つけ、心の傷みとして忘れることが出来ない、これは、やはりいけないことだと思います。自死した人は教会で葬儀が出来ないと言われますが、本人がキリスト教徒であっても、ご家族(仏教徒)が秘密裏に葬儀を済ませてしまうなどもあるようで正確には解りません、。春馬さん、農業がやりたければ、やれば良かったのに。人間、生き抜かないと、、ダメな気がします。

        返信
        1. simpledirect 投稿作成者

          ネコさん、

          返信が遅れてすみません。
          貴重な体験談をお話しいただきありがとうございます。
          確かに色々なケースがあります。一概にダメだというのが忍びないケースもあるということは、私自身もそう思います。

          そうですね。春馬さん、農業でもやってればよかったのに、というのは本当にそう思います。
          超のつく売れっ子だからそういうこともでき仲っとだろうかと思います。

          返信
  2. えむ

    ハイ、お返事をありがとうございます。
    ついつい、私自身がグラついていたこともあって趣旨から外れてしまいました。ごめんなさい。

    きっと色んなパターンがあり、私は今のところ是非を問うことが出来ません。でも、出来るなら生きて欲しいとは思います。難しい方、苦しい方を選択しなきゃいけない時がある。

    切腹というものがあった日本だからか、自殺がいけないことという意識が希薄であるような気がしています。美化されてしまっては尚のこと、かもしれません。
    残された人のため、美化されている側面があるのではないかとも思います。ダメだと言えば傷つく人がいる。でも、それだけの事でもあるんですよね……

    管理人さんが仰りたいことも一理ある、と思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください