にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

今後人生コースを

差し迫って作業することなどがいろいろあるので、すぐにできないのだが、今後人生コースを変えたい。あるいは出生図の占断自体を新しくしていきたい。

 

やることは一緒である。人生の流れを出すのである。

Excelでアスペクトの年表が出るような仕組みを作ったことは満足できる結果だったし、有益だったと思う。それによって、ホロスコープという人生の横糸だけではなく、縦糸を常に見ることができるようにできた。

しかしその中で、すべての情報が並列に黒いテキストで出力されるのはどうだろうか。

 

それぞれの情報の重要性には違いがあるのだ。

1.ASCの遷移については、色分けしたい。ASC、ASC9が移行中のサインを色であらわす。今、こういう時期なのだ、ということが視覚的にわかるようにしたい。

2.プログレッションについては、ASC、MCの作るアスペクト、次に月の作るアスペクト、続いて太陽のアスペクトを大きく取り上げるようにしたい。一目で色が違うとか、複合アスペクトへのコンタクトを大きく取り上げるとか。

 

これらの星の重要性は際立った違いがある。

 

私は郷里に同じ誕生日の友達がいた。私が病院で生まれて、その後「早く部屋を代わってください」といわれて入れ替わりに入ってきて数時間後に生まれた人だとわかっている。

後で考えると、その子の外見は、確かにそのASCの外見が表す特徴を持っている。正確な出生時間はわからないが、大体の見当がつく。

 

その人がいるということが、私に考えさせる。

中学校以来会ってはいないのだが、その人の人生はどうなっただろうか。

もし仮に太陽のアスペクトが有効なら、同じ年に同じことが起こるはずである。

月のアスペクトが有効なら、その人は私に起こる出来事を1か月早く経験するはずである。

しかし、ASC・MCの表示する人生は、全く違うものになるはずだ。

 

そして、多くの場合人生は違うものになる。小さな違いが大きく反映されるもののほうが、大きく取り上げられるべきなのだ。

それが、依頼者だけではなく、私自身にとってもパパッと目に飛び込んでくるような形にしていかないといけないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください