にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

運命の予約?

11月12日、印刷屋から占星術カレンダーの見積もりが来て、部数などを折り合わせて、進めることにした。その時間が16時30分ごろだったと思う。

わかった。じゃ、ブログで告知して、販売ということにしよう。いいじゃないですか、これ。今まで日本にはこういうものがなかったんです。(外国にあったことはわかっています)

それでブログを書き始めて、2つのことに気が付いた。

一つはデータに重大な抜けがあること。そこでそれを修正するべく印刷屋に電話をして、改めて原稿を週明けにもっていくと言った。

もう一つは、いまブログに投稿すると、その時間がボイドなのだ。もしブログに記事を載せて、希望を受け付けると告知すれば、この時間に販売を開始したことになるだろう。しかい、ボイドのこの時間に開始しても、空回りで何も進展しないだろう。
よくよく見ると、いくつか問題がある点があって、土星が第10ハウスにある。これがMCを越えて第9ハウスに移ってほしい。

月が、魚に入り、土星がMCを越える。そうすると、さらにASCがおうしの終わり辺りに来る。もう少しASCが進み双子の1~2度ぐらいは越えて、落ち着いた位置に行ってほしい。それは17:50分ぐらいのように思えた。木星と月が第10ハウスにある。月にはスクエアはなく、火星・水星・太陽とトライン。今は月は満ちる月だし、何かを開始するのに適している。ASCふたごは、多分印刷物や出版物には最適の場所のように思える。

いや、これは月並み以上によい配置ではないか!

しかし、だ。夕方6時前は、自分は家族のために夕食の準備をしたりしている時間である。「この時間がいい時間だから、ちょっと待ってくれ・・・」いやいや、なかなかそんなことは言えませんよ。

 

とにかく、そのプログラムを修正し、データ的な抜けを解決し、あらためて記事を書き始めた。そして、5時前後ぐらいに記事の下書きをした。申し込みのページの修正をすべきか?実際プログラムを一旦書き換えてみた。
しかし、まだ商品は出来ていないのだから、そこに掲載するのはおかしいのではないかと思い、それは取りやめた。

 

あれこれの作業は終えて、ブログ記事を掲載するだけだ。だが、まだ時間が早い。

 

そこで、自分は17:50に投稿のタイマーを設定し、夕食の準備に取り掛かった。

 

販売のエレクショナルは、販売を始めた時間で決まる。たとえば、店を開始する時間は、別にバイトがシャッターを開けて「開店しました」と言ったとしても、それでよいと思う。本人がその場にいるかいないか、ではないとは思う。

しかし、だからと言って、記事の公開時間、販売を始める時間に対して、タイマーをセットして知らん顔していていいものだろうか?この企てに参加しているのは私一人なのだ。機械が予約して、17:50に販売が開始したことになっている。それでいいのか?やっぱり私がその場にいて「公開!」とボタンをクリックしないと、「わたしが始めたか」ということが問題なのだから、ボイド中に予約したって無効になるんじゃないか?

 

心配になった自分は、芋のてんぷらを揚げている最中に一瞬台所を離れ・・・台所はIHだから、火がついたりはしないんだし、別に離れにあるわけではない、すぐそこに台所があるわけだ・・・記事の公開を確認するためにサイトを更新し、画面に新しい記事が載ったことを確認して、すぐに料理に戻った。

 

どれがアクションの時間になるのか。下書きを描いた時点か?ちょろっとプログラムを修正して元に戻したがあの時間か?それともうまく17:50になったのか。

ま、わかんないですよ。うまく行けば儲けもの。仮にこれが失敗で、「残念!ボイドでした」ということになったとしても、今までだってそんな大した成功をしたわけじゃないんだし、平常運転です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください