にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

なるほど、書いた人は・・・

昨日は、テレビで「かぐや姫の物語」をやっているのを知らなくて、9時ごろになってふと見たらそうだった。途中からしかわからないわけだが・・・

 

作品としては全体に平板だったと思う。要するに我々が慣れ親しんだかぐや姫なのだ。ただ、月に帰りたいと思ったきっかけが男の乱暴な求愛だった、という脚色とか、もともと月にいた人がいたとか、幼い時の友達に再開するとか、細かい動機づけが違う。しかし、基本的な話は元の竹取物語を踏襲している。

絵は確かにああゆう和風テイストのCGというのは面白くきれいだけど、だからといって、すごくインパクトがあるとは思わなかった。たとえば背景が白いところとか、間が持たないみたいな感じに見えた。

 

ただ、その細かい動機づけ、それはなるほどとは思った。

昔の人が書いたいわば「荒唐無稽な物語」というのは、書き手の側に重要な動機がある。

それって、夢と一緒なの。夢は荒唐無稽に見えるけれども、鮮やかな夢というのはきっとその人の感情に何かの原因がある。

万葉集の最初の歌で、「籠もよ、み籠もち、ふぐしもよ、みふぐしもち」という天皇の求愛の歌がある。「のらさね、いえきかな(名前を仰い、家はどこだ)」ということなのだけれど、天皇に名前を名乗ってしまうということは、求愛を受け入れるということを意味する。肩を叩かれれば、逆らうわけにはいかない時代だったのだろう。

そうすると、女性の側には「ああ、こんなのイヤだ」みたいな感情があったのかもしれない。多分竹取物語を書いた人、読んで共感した人にも、そういう気持ちがあったのかもしれない。

2 thoughts on “なるほど、書いた人は・・・

  1. 匿名

    どうも、ネコです。
    「かぐや姫」観ました。
    なにげなくテレビを点けたらやっていたので観ました。
    映像、綺麗でした。
    昔から言われる「子供は、3歳までに親孝行を果たす」、という
    ことを思い起こすようなしみじみとしたお話でした。
    確かに、仰るとおり、画像の背景が白い和風テイストであり
    綺麗で情緒のあるものであったけれど、
    やはり長い!「間がもたないみたいな感じ」同感です。
    昨今の早いペースのドラマやサスペンスストーリーに
    馴らされてしまっているのか?
    私が最近のテンポの速さに馴らされてしまった結果か?
    果ては、高齢ゆえに辛抱が出来なくなり待てなくなったのか?
    (逆のようですが、歳をとると結構結果を急ぐようになります。
    待てなくなる、持久力が無くなります、当方体験済み、、笑)
    荒唐無稽な夢ですか?ここで質問です。
    この仰られる「夢」は未来への願望の夢ですか?
    それとも睡眠中の「夢」のことでしょうか?
    多分、願望の夢ですよね。

    返信
    1. simpledirect 投稿作成者

      ネコさん、こんばんわ。

      「夢」は睡眠中の夢のことです。
      私はかぐや姫のほかには、浦島太郎を考えていました。
      他にも荒唐無稽な昔話はあるのだけれど、ほとんどはいわゆる教訓話です。舌切り雀とか、おむすびころりんとか。
      しかし、かぐや姫、浦島太郎などは教訓話では説明がつきません。

      これは我々が夜見る夢に似ています。
      夜中に見る夢は、知り合いの人物が出てきて、突然場所が家から学校に変わったり、支離滅裂なことが多い。そうでない人もいますが、それはその人の精神状態によります。普通は一見おかしな風に話が流れ、起きている間には経験しないようないろいろなことが起こります。
      にもかかわらず、記憶に残るような夢の幾つかが、起きている間の出来事や感情を反映しています。
      ある人は何か得体のしれない恐ろしいものに追われていて、突然安心できる場所に出たりするかもしれない。そういう場合、たとえば仕事で何かに追われているけれども、特別なほっこりできる場所があるとか、そういうことを表していることがある。

      現実の感情を何か昇華したり単純化した形で反映するという点で、夢と昔話は似ていると思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください