にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

武装中立ではダメなのか?

いま、朝鮮半島を非核化すると言っている。日本、またアメリカは、まず北朝鮮が核を廃棄しろという。核を廃棄するということが確認できて、初めて制裁を解くという。

しかし、朝鮮側から言えば、では在韓米軍、あるいは沖縄、横浜などの米軍基地から、核をなくせ、というだろう。北朝鮮に不可逆的検証可能な核廃棄を求めるというのなら、米軍にも同じことを求めるだろう。
金正恩氏は兄弟や叔父を殺す残忍な人間で、人民を苦しめ自己保身に走る政治家かもしれない。あるいは北朝鮮と日本との間には拉致などの多くの問題があるかもしれない。それはその通りだ。
しかし、だ・か・ら・日米に核があっても良い、北朝鮮はダメだ、という理屈は多分おかしいと思う。

イラクの時がそうだった。アメリカは大量破壊兵器があると言い、多くの国が懐疑的であったにもかかわらず、小泉総理大臣は真っ先にアメリカを支持した。その結果サダム・フセインは殺されイラクは混とんに陥ったが、最終的に大量破壊兵器はなかった。小泉総理大臣はなかったんだから仕方がないと言いぬけた。

アメリカは、それなりの理想があるにしろ、自分のところに都合の悪い国にはスパイを送り込んで転覆をはかり、機会があれば軍事攻撃を仕掛ける国なのだ。世界で最も戦争が大好きな国なのである。

そして日本は真っ先にそれを追認する。

 

日本は、憲法で戦争と軍隊の所有を禁じているにもかかわらず、軍事同盟を持つ国なのだ。
「日米同盟」という言葉を頻繁に使い始めたのも小泉さんだったと思うが、安倍さんなんかもためらいもなく会見で日米同盟と言っている。
有事の際はアメリカ軍に守ってもらうということを前提にしている。それを前提にしているから、アメリカには逆らえない。アメリカの軍事行動には、常に賛意を表明しなければならない。その結果、日本は世界中で真っ先に戦争を支持する国になっている。オサマ・ビン・ラディンが次のテロ攻撃の目標として、西欧各国、オーストラリアなどと並んで日本をあげた。真っ先に「アメリカがする戦争は正しい」と宣言する日本が憎たらしいに違いない。

 

多分、「平和憲法を守ろう」といういわゆる護憲勢力が、もっとも世界の戦争を支持しているのだと思う。

護憲という建前があるから、安保はなくていいと言えない。今自衛隊を盛んに攻撃し、憲法改正に反対している野党も、では自分が竹島や尖閣諸島に上陸してガンジーの無抵抗主義で赤軍と戦おうなどとは考えていないと思う。共産党のえらいさんが青瓦台にいって「竹島から手を引け」と平和な手段で言ってくれるかと思うと、決してそんなことはない。

近くに領土を脅かす中国や韓国のような国があり、誰も安保に反対できないから「しゃあないし、シリアはアメリカさんの好きなように爆撃してください」ということになっている。自分は手は汚さないが、平和憲法が守れるなら、中東の人は死んでもいい。
平和憲法が一番人を殺しているのではないか?

 

スイスは永世中立国だが、各戸にライフルがある。誰かが侵入して来れば、一対一では多分なかなかしぶとい相手だ。山影に隠れて外国の軍隊のえらいさんに照準を定める民兵は、ややこしい存在であるに違いない。ナチス・ドイツはそれを知っていて、スイスへの侵攻は諦めたと言われる。

それではあかんのか、というのは思います。死を覚悟して、銃撃の訓練をして、原爆がおちたら死ぬけど、それで占領しに上陸してきたやつには、一対一なら目にもの見せてやる、というのではだめか。ある意味戦中竹やりで訓練していた日本は、よくやったと思う。先達の皆さんはそう考えていたわけだ。

自分はそれは考えてみたらどうか、と提案したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.