にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

常にさいわい

細かいことを説明するのは大変なんだけど、ある程度夢に対して支配力を持ちたい。

ちょっと前に、比叡山の修行で「好相行」なるものについて聞いた。不眠不休で五体投地をして、仏様が見えるまで続ける。そのあと何とかという修行があるらしいのだけれど、実際にその行に挑戦した人が、2回はドクターストップがかかり、3回目にちゃんと仏様が見えたと書いておられた。

それを読んで思った。これは、自分の信仰が足りないってもんだよね。つまり、そこに本当はマリアさんだっておいでなんだと思う。自分が見えてないだけで。

で、そのためには、ずっと「その状態」にいなきゃダメなんだ!つまり、意図するということ。止まるということ。

 

さてそんなことを考えていて、先日ある夢を見た。
学校の夢というのは以前からよく見るんだけど、ここは建物がいっぱいあって、この棟の向こうには別の棟があり、その棟の向こうには別の棟があり、さらにこちらとあちらに棟があり・・・みたいなので、目的の授業に行くためにどこにどういったらいいのかわからない。
恐らく目的の学級はあそこなのだろうが、そこに行くためには下駄箱に下ばきをしまわなければならない。ところが、その下駄箱がたくさん並んでいて、自分がどこにしまったらいいのかわからない。
どうも授業は始まっていて、そこに行くのが恥ずかしい・・・

これ、なんとなくわかる。その恥ずかしい気持ち、自分が何かができていない、自信がもてないというのが、この夢の味噌で、自分の今の状況と関係はしていると思う。

しかし、自分はそこで目が覚めて、思った。

結局、夢の中でも幸せで満足していなければダメなんだ。あるべき姿は、常にさいわいということ。
夢は何かを告げてくれてはいる。それはそれで大事なことなんだろうと思う。
だけど、それでも、満足というもの、感情的な解決というものは、夢の中にまで及んでなければ結果を生まないのだと思う。

 

それでふと思ったのだけれど、生神女マリアさんを賛美する歌で「常にさいわいにして」というのがある。

常にさいわいにして全く傷なき生神女
我が神の母なる爾を幸いなりととのるは真に当たれり。

ἀειμακάριστον 常にさいわいである人

ということだけれど、あれはこのことを言ってるんじゃないか。

 

ヨガナンダ師の話に出てくるインドの聖女でアナンダ・モイマという方がおいでになる。四六時中サマーディの恍惚の中にいて、お弟子さんが回りについていてあげないと、何を食ってるのかもわからない、みたいな。しかし、今インターネットの時代になって、「アナンダモイマ」を検索すると、なんとなんと、びっくりするほどの美人じゃないですか。おばあちゃんになっても、すごく魅力的だ。

そういうことですよね。多分生神女にあっても、彼女は常にさいわいだったに違いない。そうでないと神の母として選ばれなかっただろう。

常にさいわい」への2件のフィードバック

  1. あめ

    記事と無関係のコメントですみません。
    島根県の津和野のお寺で女性の遺体発見の記事を見かけました。
    それ見るまで私、津和野って山口県にあるとばかり思い込んでいました^^;萩・津和野ってセットでツアー組まれてるから。
    ホロスコープ出してみたら・・
    発見時刻だと8ハウスが牡羊座0度20分。
    そのまま読めば火星が遺体の方、ってことですかね。
    アスペクトは冥王星180度のみです。
     
    早く身元がわかると良いですが。衣類的に若そうな雰囲気でしたので・・。

    返信
    1. simpledirect 投稿作成者

      あめさん、こんにちわ。

      記事にしました。表示性は火星でしょうけれど、アスペクトが何か違うような気がします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください