にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

知るということ

先日書いたとおり、これほどまでに占星術の結果が当たる。過去の占断は当たっていた。これからの占断も当たるだろう。では、知らないほうがいいのではないか?

 

私自身は知るべきだと考えていて、知ることに意味があると考えている。そうでなければ、占星術などやりはしない。

 

そうはいうものの、知らないほうがいいのではないか、という意見には一理ある。

知らないほうが楽なこともある。私自身、若いころ自分は何でも出来ると思っていた。そう思っていればこそ、なんにでも一生懸命に取り組めたのかもしれない。

キリスト教は占星術を禁止した。私は矛盾しないだろうと考える。だが、今から絶対キリストを信じて救われると思っている人に、「あんたは3年後こういう星回りだから、愛情の危機がある。」なんて、邪魔かもしれない。

 

知る、ということは、いくつかのレベルがある。

誰かからそれを聞いて信じることを普通は知るという。たとえば「えのきを食べると痩せるよ」と聞いてえのきを食べるというようなことである。普通の知るということは、こういうことの巨大な蓄積である。だが、この場合直接的に知っているわけではない。ある意味推論である。

しかし、もしえのきの成分だとか、熱したときの化学変化、体内での反応のような医学的な知識があればあるほど、その知に厚みが出てくる。

さらに直接的に何の疑いもなく知るということが存在している。たとえば神を知ること、命を知ることに段階はない。分かれば直接分かるのである。沈黙の知の状態、直接的に見るということ。

 

また、知ることは、一般的には一方通行である。

一度知ってしまえば知らなかったことにはできないのだ。たとえば一度私がホロスコープを作って、過去の年表で出来事を言い当てた人が、「simple and directは何も当てることが出来なかった」ということはできない。

 

で、それはゆっくりその人の中で消化すればいいと思う。

 

想像して欲しい。もっと極端な状況もあり得る。

たとえばあなたが神に選ばれて霊能者になってしまって、ほかの人のいろいろなことが分かる状況になったとする。「あ、あいつ婆さんがこの間死んだな」「あ、あの野郎おととい万引きしたな」などということが全部分かったとして御覧なさい。日常生活を送るのにすごく困るでしょ。

もっと単純なことでもいい。あなたの家族は明日遠足を予定している。晴れて欲しい。だが、あなたは気象について特別な知識を持っていて、明日雨が降って遠足にいけないことを知っている。だが、家族はあなたを理解できない。どうしたらいい?

あるいはあなたは科学者である。原発で事故が起こった。学者であるあなたは次に何が起こるか知っている。ところがテレビで出てくるやつは何も正しいことを言わない。どうしたらいい?

 

知る、ということは結構面倒くさい大変なことなんだと思う。その荷物を背負ってもいいかどうかは、どこかの時点で決めなければならない。その決定的な瞬間というものは各個人に必ず訪れる。

2 thoughts on “知るということ

  1. もみこ

    知ることに意味がある
    知るということは結構面倒くさい大変なこと

    おっしゃる通りだと思います。
    知るということは、常に重荷を背負う責任がつきまとうのでしょうね。

    週の終わりにとてもいい収穫になりました。ありがとうございました。

    返信
    1. simpledirect 投稿作成者

      もみこさん、こんにちわ。

      ファン・ラモン・ヒメネスの詩に「神の犬」というのがあります。

      ここにある!みんな来て!
      掘ってくれ、掘ってくれ!

      私の手は血だらけだ、
      もうこれ以上は掘れない!

      ここにある!

      湿った大地の中の
      永遠の匂い!

      ここにある!

      不死の太陽への
      私の長い遠吠えを聞いてくれ!

      ここにある!みんな来て!
      掘ってくれ、掘ってくれ!

      通常は知ることの出来ない、だけど実は目の前にある、真実を知った人の気持ちを表している詩だと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください