にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

満足のいく占断結果

2008年の末から看板を出して占星術をやりましょう、と言い出して、まもなく3年になる。

 

私の場合は、辻にでたり、対面で話をしたりしていない。パソコンとインターネットがなければ、こういうことはできなかったと思う。

 

占いというものは、かならず当てなければならない。

だが、当たっていたとしても、その結果に対して自分はまったく関わらないでいいかどうか。私自身は相手の人生に飛び込まないといけないと思う。

 

極端な話をすると、たとえばある人が犯罪を犯そうとしていて、

「今、私はしようと思うことを実行できるでしょうか」

と聞かれて

「実行し、成功します」

と、答えたものの、何を実際にしようとしているか知らないままにしておく、というようなことがいいかどうか。

 

成功しますと告げてその人が犯罪を成功させれば、当てたことにはなる。占い師としてはちゃんと仕事はしたことになる。

 

だけど、何でこの人はこんなことをいっているのだろう。

こういうことをした結果、どうなるのだろう。

おせっかいだけれど、そういうことはやっぱり知りたい。

そうすると、数行のお答えを書くためにいろいろなホロスコープを何度も見返すということになってしまう。もう少し、パッパとやっちまえよ、と思うのだけど、なかなかできないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください