にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

結婚の条件

夫婦問題、結婚、離婚といった問題に関係して、占星術が一定の役割を期待されている。ではどう期待されているのか?相性、なんていうけれども、そんな軽々しくいっていいものか。

 

たとえば離婚しました、という。離婚なんてしないほうがいいに決まっている。それぞれが一生懸命やって、やむにやまれぬ事情があって、離婚した。そして、それは十把一からげに「これこれの理由」「こういうケース」などと割り切っていいかどうか、なかなか分かったものじゃない。

占星術の場合、あるいはほかの占いであったとしてもおそらく優れた占術師であれば、その細かい条件を解きほぐす役に立つと思うのだ。この人は職業はこういうものになる。こういう考え方を持つ。頑固だとか、社交的だとか、その人の持つ特性もいろいろだ。そして、こういう配偶者が付けば、社交的な人に対しては、家庭内のことをきちんとしてくれるとか、頑固な人にはご近所づきあい人付き合いができるとか、現実にこの条件だからこの配偶者がいいという材料を提供してくれる。

 

しかし、そのように占星術が材料を提供できるということは、考えてみると実は結婚時点でかなりの条件が決まっているということがわかる。そしてそれは一人一人違う。

多分、離婚してしまった人というのは、この条件なら離婚せざるを得ないというのは最初から決まっているのだと思う。だから、ほんの一言、何かのきっかけで壊れてしまう。にもかかわらず、結婚するときにはそれは見えない。壊れて初めてそれを意識するのである。

 

大事なことは、一度そのときに自分の希望を確認することだと思う。占星術のようなものはそれのお手伝いができる。しかし、たとえばしばらくお籠りをするとか(そんなことが今どきできるのかはわからないが)、登山してみるとか、何か一息いれて自分で検討しなおすということが必要なのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください