にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

四柱推命

何年か前に自分でいろいろ問題を抱えて、色々あって四柱推命の先生に連絡した。

その方は料金云々は仰らずに、10年間あまりの毎年の運勢を、きちんと書いて送ってくださった。

 

今見返してみると、その文章を見て当時私が思ったようにはなっていない。当たっていないのだが、でも当たってるんだよなあ・・・

 

占う前は、ある状況が続いている、と仮定している。この会社に勤めている、ここにいる、こういう家族とか。ところが前提条件が大きく覆ったりする。

にも拘らず、この年は落ち着くとか、この年は余裕ができるとか・・・うん、確かに結果的にこの年は落ち着いたかも、余裕ができたかも、ということになっている。

 

やっぱり大したものだな、と思う。

 

占星術を自分でやっても同じような問題にぶつかる。

 

この人はこの時期結婚したとか離婚したとか、それがきちんとぶれることなく言い当てられるかというと、正直なかなか難しいですよ。

だがその結果、この時期にはこんな感じの時期になっているというのは、まあまあ出せたりするのだ。現実問題、これぐらいの時期からこんなになっていませんか、ということを申し上げると、その時期に結婚されたりしているケースがあって、結果的に当たってるということはある。

それ以上のことを知る必要があるのか。そもそも決定しているものなのか。運命という大きな流れがあるにしても、変えたりできるのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください