にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

出生時間の修正

出生時間が全くわからない人でも、時間を割り出すほうがいい。ホロスコープ中でハウスは重要な役割を担っている。なんとかして算出したい。

私はこういうやり方でいいと思っている。

 

1. 12時で作って月のディレクションを出す。

月のディレクションというのは、1年1日法で進行した月と、他の惑星がつくるアスペクトである。たとえば誕生日が7月4日だったら、8月3日12:00が30歳の7月4日(ごろ、実際にはうるう年があるので正確な一年ごとの時間を出す必要があるが)として月がつくるアスペクト、たとえば天王星とトラインになったとかなんだとかを出していくのである。

すると、大きな出来事があった、前後6ヶ月にそれに該当する出来事があったはずである。例えば引越しがあったとすれば、天王星と月とのアスペクトなんかがありそうなものなのである。

仮にその出来事が正しいとして、前後のディレクションが別の出来事を暗示しているかどうか調べる。

 

2. これで一致しているということがわかったら、

((12時での計算上の出来事の月)-(実際の月))×2を計算し、出生時間にその時間を足す。

たとえば計算上8月の出来事が、実際の10月の出来事に該当するとする。

(8-10)×2=-4

この人の時間は、多分12-4で8時ごろということになる。

3. この人の外見がわかるのであれば、これで計算されるASCの外見がその人にあっているかどうか検討する。

 

4. ASCの推移でサインを移る日付、惑星との作るアスペクトを計算し、その年齢にあうように時間を変える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください