にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

ひょっとして安倍さんは知ってるんじゃないか

本日武田邦彦先生の動画を聞いた。最近も聞いていたのだけれど、どうにもピンと来なくて、普段は尊敬する武田さんもさすがに今回は専門外でちょっとおかしいんじゃないか、と思ったりもした。しかし、今日の動画は違う話だった。

かいつまんでいえば、今回のCOVID-19は中国が生物兵器開発をしていてできたものが、事故で外部に漏れてしまったものであるということが、武田先生には明らかになったとかなんとかいう主張だった。

 

武田先生は通常陰謀論なんかに加担する人ではなく、通常に流布している説と違う説を唱える場合でも、大体データには基づいて話をする人だ。

それにニュースも大体それに沿った情報が出ているように思う。

 

中国の高官がウイルスがアメリカから持ち込まれたものだなどとSNSに書き込んだのはニュースになった。要するにこれは、中国の上層部が、そういうものだと認識しているということの表れだ。そして、中国はいやに熱心に他の国の援助に乗り出している。未知の危険性なら、自国での再感染に最大に警戒するだろう。なぜ外国に手助けすることに嬉々としているのか?

もっと決定的な情報として、こういうものがあった。

失踪した中国人研究者の「消されたコロナ論文」衝撃の全訳を公開する

現代ビジネスの記事だが、要するに武漢の研究所からウイルスが漏れ出したということを突き止めた中国人の学者さんが失踪しているというのである。

最近でははっきりアメリカ政府が中国起源説を主張して、調査をしているというのがニュースになっている。

 

自分は今回のコロナウイルスに対する政府の対応は、とても稚拙に見える。
マスク2枚にしても、緊急事態宣言をなかなか出さなかったことにしても、30万が10万になるドタバタも今までになかったことだ。それに比べて、北海道・東京・大阪の知事さんは、随分評判をあげた。
それでも、批判しながらも、ちょっと疑問もあった。
安倍さんや西村さんが本当にお馬鹿さんなのかもしれないが、しかし、こうした人たちはそれなりの修羅場をくぐってきた人で、東大を卒業した官僚の皆さんに取り囲まれている。我々には知りえない情報もいち早く入手しているだろう。
そして、病気の蔓延を危惧する人をあざ笑うかのように、日本ではまるで安倍さんのちんたらした政策が正しいかのように、欧米のような感染爆発が起きていない。

 

もし彼らが知っていたらどうだろう?

この春には習近平国家主席が国賓として来日するはずだった。そして、そのあとにはオリンピックが控えていた。習主席の訪日は中国にとっても大きな出来事だろう。そこでCOVID-19が出てきたときに、多分日本の担当者と中国の担当者で、相当突っ込んだ話がされたはずだ。

「安倍先生、これはオフレコですよ・・・あれは実は中国が開発したものです。大体これぐらいで収束のめどがつくように作られています。」

もしそういう話があったとしたら?安倍さんがなんか悠然と構えているのも、つじつまが合うんじゃないか?習近平の訪日とオリンピックの延期が決まったところで突然関係者が騒ぎ出したのも、実は安倍さんが新型コロナウイルスについて、かなりの情報を得ていたからなのではないか?

 

いえ、すみません。これはただの憶測です。時系列もちゃんと調べてはいません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください