にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

心から許せ

いまさらだけど、イエス・キリストは許せと言った。7回までか、と聞くと7を77倍するまで許せといい、心から許さなければ天の父もあなた方をお許しにならないだろうと仰った。そして、ご主人から負債を免ぜられたのに、自分に負債のあるものに厳しく当たった僕についてのたとえ話を語った。

 

実は、私自身にとっても、この「許せ」というのが本当は何が言いたかったのか、なぜこんなに強調される事柄だったのか、よくわからないことの一つだった。
そもそも、憎まない、そういう判断をしないということは、これはわかるのです。東洋的な思想にもよくある。過去の借金を許せ。どこが味噌なのか。

 

このご主人、天の父というのは、具体的な概念ではある。はっきり具体的な事柄ではあるが、しかし、それにしても、その辺に「おとっつぁん」がいて「こら!」と怒るわけではない。「許さない」ということが「天の父もお許しにならない」という表現で言われるような何かがあるはずだ。逆に言うともし「心から許した」人にはそれなりの何かがあるはずだ。

 

しかし、これがもし、夢見のことを言っているとしたら。第二の体のことを言っているとしたら。そういう風に考えると、わかるような気がする。向こう側では絶対にわだかまりのようなものがあってはダメなのだ。心は自由でなければならない。そうでないと、自分の許さない負債が、自分を縛ってしまうから。恐怖症の問題と同じで、感情的な過去をきちんと清算することなしには自由になることができない。

心から許せ。そうか。許さないとダメだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください