にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

南北首脳会談のホロスコープ

今から金正恩総書記とムンジェイン大統領が板門店で会談するという。日本時間で9:30ということなのだが・・・

2018/04/27 09:30 板門店

一般に会談する相手は、ASCとDESの支配星、だからまず月、そして土星ということになるだろう。

なんということでしょう、10時まではボイドだよね。そしてその後スクエアに。

ということは、大して何も変わらない、ということなのか?
自分はこれは、いわゆる「予断を許さない」ホロスコープなのだろうと思う。もう少し何か「すごく物事が解決する」的なアスペクトとかがあるといいと思ったのだけれど、そういう配置はあまりないように見える。

むしろ、会談ののちに、何か衝突のようなことがあってもおかしくない風にも見える。

 

・・・・・・・・・

 

あとは余談です。

金正恩委員長は、独裁者だけど、独裁者というのは孤独なものなのだろうと思う。
そうすると今回の決定はどのようになされたのか。冷静なものなのか。
チャンソンテク氏は殺害し、お母さんとも今は一定の距離を置いているのだろうと思う。正男氏も殺害した。

そうすると、金正恩委員長が何かを決めるとき、多分話し相手になっているのは李雪主夫人だろうと思うのです。根拠はない。なんとなく。
男ってふがいのない生き物で、こういう状況では何か女が口をはさんでいるような気がする。
「ねえ、あんた。このまま進んじゃって大丈夫なの?」
みたいなことがあるのではないだろうか。もっとも李夫人も、同じ芸術家同士の処刑に加担したと言われる、少し怖い人物でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。