にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

館林女性射殺のホロスコープ

2014年2月19日の3時ごろ、群馬県館林市のディスカウントストアーの駐車場の車内で、女性が頭部を拳銃のようなもので撃たれて死亡しているのが発見された。女性は昨年から付き合っていた男性と交際費の支払いのことでもめて、ストーカー行為を受けているとして警察に相談していた。

 

2014/2/19 15:00 群馬県館林市小桑原町

No1088

第8ハウスは水瓶なので、第9ハウスおひつじの天王星が被害者ということになる。牡羊で天王星は、火器などによる変死と思えるので、正しいと思う。

 

天王星に対しては、木星がスクエアであるのと、冥王星もスクエアになっている。木星は逆行なので、規則からいえば普通対象の星からはずすことになるだろうが、冥王星も遠い星だし今の出来事を表しているといえるかどうか難しいところだ。だってかなり長期にわたって子のアスペクトは続いているわけですからね。

接近ということを考えなければ、月、火星、金星も含めてグランドクロスを形成している。

 

冥王星は、被害者から見て第10ハウスを支配し、木星は第10ハウスでインターセプトしている射手の支配になる。簡単に言うと仕事の結びつき、ということになるが、すでに飲食店の従業員として働いていた被害者に対して、ストーカーをしていたとみられる男が客として訪れていたことは報道されている。

関係する星が木星、冥王星であるということは、ステータスの高い人、暴力団のような危ない人を想像させる。

にしても、本当にこのストーカーが犯人なのか?ストーカーなら被害者の第7ハウスではないのか?

被害者から見て第7ハウスは太陽になるが、このホロスコープでは何もないように見える。だが、天王星が牡羊10度で太陽が魚の0度だから、9倍音図にしたときには合になる。

しかしそれにしても、別の人物が関与した可能性はあると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください