にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

コンフェデ杯ブラジル戦のホロスコープ

サッカーってあんまり見てないんだけどね、実は。しかし、それでも過去の予測がなんとなくいい線行ってるみたいなので、ブラジル戦も見てみましょうか。

もっとも、スポーツ関係の記事なんかでは厳しい声が飛んでいるようです。ブルガリア戦で負け、オーストラリアとは引き分け。

イラク戦は勝ったものの、多くの選手がフル出場でイラクだ、ブラジルだと飛行機で長旅を強いられる。勝ち点3はもらったけど大丈夫かというわけだ・・・

 

日本時間2013年6月16日 4:00 ブラジリア

No1023

まず目を引くのが、ASCが蠍の29度にあることだ。普通のホロスコープではこれは結果が決まっている、終わっちゃってるという意味になるわけだが、いったい何が終わっちゃっているのか?

一応、ホームのブラジルはASC支配星で火星と考える。日本は金星だ。

火星は、冥王星と0度のクインカンクス、天王星と2度のセクスタイル、木星と17度の合だ。月はスクエアの位置だけれど3度分離している。

一方で金星は、月と2度のセクスタイルがある以外、アスペクトがない。みんな微妙な度数で分離になっているのだ。

 

金星と木星が下降している。一般的にはネガティブなホロスコープなのだけれど、誰にとって悪いのか?多分ブラジルのほうではないだろうか。

 

ブラジルは圧倒的な強さで攻め込んでくるかもしれないが、案外勝ちを拾いそうなホロスコープに見える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください