にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

選挙報道

STAR TV GREECEのお昼のニュース記事、昨年まではツイッターとFacebookに要約と日本語訳を載せていたのだけれど、今年は続けていない。タイトルの代わりにアナウンサーの言うことが全部字幕で出るようになったこともあるし、自分の身の回りが忙しくなったこともある。それでも、一応毎日サラッと流す程度には聞くようにしている。

今年は総選挙があって、新民主が勝ってミツォタキスが首相になった。

それで、選挙投票になる前の、そうですねえ、1か月ぐらいでしょうか、毎日毎日各党首が映らない日はなかったと思います。毎日毎日ツィプラスがあそこに行った、ああ言った、ミツォタキスはどこそこで誰と握手した、ゲニマターはどこへ、KKE(ギリシャ共産党)はどうしたと、毎日動静が伝えられました。

 

さて昨日日本では参議院選挙がありました。

今回の選挙で注目されたのは、明らかに「れいわ新選組」と「NHKから国民を守る党」だったと思う。それぞれ議席を獲得しました。が、選挙前にはほとんど何の報道もなかったと思います。

自分も、たまたま知り合いというか、お客さんというか、そういう方が山本太郎さんを熱く語っていて、ちょっといぶかしいと思いながらも動画を見たりしました。これは面白い。都会で若い人たちがびっくりするほど集まっている。太郎さんは太郎さんで、何人に一人が貧困で何とかしたいと訴えながら、自分で涙を流して懇願している。熱いねえ。

でもテレビではやらない。山本太郎は消費税は廃止と訴えていて、それは日本では否定的な意見が多いが、彼曰くは、マレーシアはかなりパーセンテージの高かった消費税が廃止された。では、マレーシアはどういう政治なのか、どういう消費税だったのか。

 

情報を得ようと思うと、ネット、YouTubeなんですよ。テレビはやらない。

テレビは、投票日の夜8時から、一斉に開票速報をします。それまでは、宮迫、京都アニメ、台風、韓国の協定違反の横暴です。それも大事だけれど、テレビを見てても選挙の話など一切ない。それならまだいいかもしれない。やれゴミ屋敷がどうとか、ペットを虐待する人がどうとか、餌付けした野生動物がどうとか・・・それ、今時間を使わないといけません?
知りたいことは多分たくさんある。合区のこと、消費税のこと、安保のこと、外国では例えばどうなってるのとか、賛成派反対派の裏付けとなる数字の根拠や経済学者の理論はこんなのだとか、説明すればいくらでもあると思う。

 

この、報道の在り方というのが、随分違うと思う。ギリシャ人は選挙の前にちゃんと色々報道している。アメリカでもそうだと思うんですが、投票前1週間2週間というのは、テレビがあの候補はどうした、この政策はどうだということを懸命に報道しています。

日本は選挙が終わってから、やっとメディアがいろいろ取り上げる。NHKもぶっ壊さないといけないかもしれないけれど、民放もいらない。

「もういいわ、政治の話は。」というぐらい、政治のことを報道したらどうなの?と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください