にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

解釈

解釈をすることなく知覚することはない。

通常、人はこう考える。そこに物がある。これが現実だ。私はここにいる。そして、私はそこのものを見る。そして、それに解釈を与えるのだ。

そして、そこのものは確固としてあり、現実は現実であると考える。

 

しかし、本当は解釈なく知覚するということはない。

 

何でこういう話なのかというと、いわゆる幽霊を見た、みたいな話の場合ですよね。

そこで「幽霊を見た」というためには、髪の長い女の人が立っているのを見るだけじゃダメなわけだ。それじゃ、幽霊を見たことにならないじゃないですか。髪の長い女の人が立っているのを見て、あっちを見て、振り返ったらいなかった。だけどそれでも幽霊だということにはなりません。

そこで、本当はそこにいないはずの人を見た。あの人は死んだはずの人だと思えばこそ、「この人は幽霊だ」と思うわけです。

 

しかし、多くの場合、物や世界はリアルなものとしてあって、それを見て、解釈をそれに与えているのだ、と人は考える。

 

だけど、それは間違いですね。

 

もし心が沈黙したら、物は物のままだと思うじゃないですか。世界は世界のままだと。しかし、そうじゃない。心が沈黙すると、世界もまた崩壊する。

では世界にはもともと解釈はないのかというと、そんなことはなくて、沈黙の世界から人は言葉を取ってくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください