にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

占いはどういう風に当てるのがいいか

西洋占星術、簡単に言うと星占い、は星がその人の性格に影響する、みたいな考え方でもって浸透している。

 

だが、さてねえ。

東洋占術の話を聞いていると、びっくりするような話がある。明日の何の刻に誰それがこうなって、庭の何かがこうなって、結果的にこういうことが起こる云々、とか。

 

本当は西洋占星術でもそうあるべきだと思う。

 

双子だとする。本かもしれないし、パソコンかもしれないし、車かもしれない。そこで、別の惑星が移動を表す何かを示していれば、そして依頼者がそういうことをほのめかしていれば、旅行かもしれない。

占いが知的なゲームである、と断定する必要もないと思う。インスピレーションのようなものを否定するべきではない。

だが、それでざっと見たときに、「ははぁ、こんな状況なのだな」と分かるようになるべきだろうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください