にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

相談を受ける

占星術で行う占断と、他の判断やアドバイスを混ぜないようにしている。悩み事があって相談していただいていいわけで、結果を出さなければそれで料金をもらうということもない。それでも、「こうなる」「こうしたほうがよい」とは言っても「こうしなさい」ということは言わない。一応個人的な感情や経験の判断なしでお答えをするように心がけている。

 

私自身はその人の人生を大事にしたい。誰もが私がしなかった独自の経験をして今の自分になっている。技術があっても、そこに何かの判断を加えるということはやりたくないと思っている。占い師として、「あんたは短気だ」と言わないといけない場面がないわけではないが、受け取った人が「そんなことはないよ」と思っても別にいいと思う。私自身、人にアドバイスを求めても自分にどうしようもないことまで聞き入れてにっちもさっちもいかなくなるようなことになりたくない。

 

それはネットでご相談を受けて、面識のない方ばかりではなく、私自身の友人・身内からであっても基本的に同じである。

 

占い、占星術というものに縁がない人にはわかりにくいことだろうと思うが、プロなりある程度経験のある術者であれば、占星術だろうと他の占いだろうと、仮にYES/NOで答えられる問題がYESと出たとしても、「これは、どうやらすんなりとはいかないな・・・」というような感触は必ず得ているものだ。

 

だけど、いざ相談者が本当に困って「どうしよう・・・」と相談する人は、占い師とは別にいてもいい。オセロ中島さんみたいに相談する人とアドバイスする人が一緒になって、利害関係まで一緒にするというのは、あまりいいことではない。もしそうしたいなら、その人に対しては、占い師ではなく、一人の人間としてきちんとお付き合いしないといけないと思う。

 

最終的に誰かから結果を伝え聞けば、占い師は「ああ、やっぱりな」と思って聞いてはいるわけだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください