にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

結婚紹介

自分は、これほど占星術であれだこれだやっていながら、人様の結婚に関係したことがほとんどない。

 

親の暮らしていた社会では、誰が誰を紹介するみたいなことは色々あったようだ。しかし、これは実は面倒なことで、どこかに鎮座して「誰それと一緒になったらいい」とお告げしておしまいなんてものではもちろんなくて、結婚式から両家の挨拶、その後の生活のトラブルなどあらゆるものが関係する。「骨折り損のくたびれもうけ」的なお世話になりがちだ。

 

また、結婚紹介産業というのもある。今は大手の会社があって、登録してお互いに紹介するみたいなことをやっている。

 

昔、まだパソコンが発展期だった時代、私より年配の女性の知己で、結婚紹介業を起業された方がおいでになった。まだ個人情報保護法などもなかったと思う。

部屋には釣り書きのファイルがいっぱいあって、またその人は四柱推命を勉強されていた。私は生意気にも、これはパソコンでできるのではないか、と申し上げたが、その人はとりあえずこの本で基本を抑えるのが重要だというような旨のことを仰ったと思う。今はその気持ちがわかる。

 

ある人がリストを持っていて、その人たちの運勢を知っていれば、「あなた、この人どう?」とお勧めするということが可能になると思う。そして、それは多分大きく外れることはない、と思う。

 

もし、そういう占術の知識が全く関与しない結婚紹介ということになると、依頼者が条件を指定することになるだろう。結婚紹介サイトに登録したりしたことはないから、現実がどう動くのかわからないけれども、たとえば働いている業種がこうで、学歴がどうで、年収がどうで・・・みたいな、条件で検索するみたいなことになるのだと思う。それで、「条件」がそろったとしても、お互いの食べ物の好物が違っていたとか、体臭が耐えられないとか、あることの考え方が全然違っていたとか、色々ありえる。

 

どちらにしても、もし結婚紹介みたいな仕組みがなければ、候補に挙げられる相手というのはどうしてもとても限られた範囲の人になる。もっとそういう分野で占星術が使えないものだろうか、と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。