にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

大変厳しい戦い?

選挙が始まって、ある県議会議員候補が初めて家の前を通る時の第一声が「大変厳しい戦いです」だった。

理解に苦しむよねえ。

「よろしくお願いします」なら、なるほどと思うし、完全に上から目線で「こうしなければならないんだ!」だったとしても、この人は何かこの土地で実現したい理想があるから、我々にもそうしてほしいと訴えているのだろうと思う。選挙カーを走らせて最初の日に「大変厳しい戦いです」ってのは、てめえの給料が厳しいのか?誰の目線で訴えとんねん?

 

本当のところは立候補なさっている議員の皆さん、議員の候補の皆さんは、それぞれそれなりの覚悟と理想を持って立候補し、それなりのお仕事をなさってご苦労さんとは思います。

ただ、なんとなく与党とか、なんとなく野党はやめてほしいかな。与党に投票すれば、地域活性化はしますけど、原発は再稼働しますし、TPPに賛成しますということになるわけでしょ。安倍さんも本当は微妙な言い回しながら「TPPは反対」チックなことを言って政権を取って、実は進めることは織り込み済みだったわけでしょ。

ある人は原発は賛成だけどTPPは反対、ある人はTPPは賛成だけど原発は反対とか、いろいろ本当はあるわけです。俺は一応票勘定で自民党から出るけど、その辺のところはあいまいにして言わない、みたいな人はちょっといやですねえ。

たとえ自分と考えが反対でも、「俺は絶対これでやる」みたいなことを言ってくれる人は信頼を集めるでしょうね。「市民のあなたたちもちょっとは勉強しなさい!○○だからこうしないといけないんだよ。」みたいな人が出てくれば、人気を集めると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください