にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

運命は変えられるか (7)

運命の問題に対して、いくつかの重要な考えがあると思う。パワーストーンなんかの話もしないといけないでしょうね。しかし、一般的にわれわれに身近で大きな影響のある問題は、配偶者、異性のパートナーだろうと思う。

 

誰と一緒になるか、というのも、かなり運命的に決まっていることと考えられる。

現に、私は占断依頼を受けて、あなたの配偶者はおそらくこういう方になるでしょう、こういう場所で出会うでしょうなどとお伝えをしている。あるいはもっと詳しく決まっているのかもしれない。預言者のような人は、未来の姿が見えるんですよね。

 

しかし、同時に恋愛問題・結婚問題というのは、占星術を含め各種のいわゆる占いがもっとも力を入れている内容でもある。

 

依頼者にとっても、恋愛や結婚は自分が思い通りにならないことである。たとえば英検取りましょうとか、免許取りましょうとか、どれぐらい努力しないといけないか、お金をかけるのか、ある程度道筋が見えますよね。恋愛や結婚はいくらこっちが頑張ったって、向こうがうんといわなきゃ、どうにもならないもの。

 

また各種占いで、ある程度そういう見方ができる。この人とこの人はうまく行くとか、離婚するとか、やっていくけど冷えた夫婦関係とか、後から見ると当たっている。とてもいやなことだ。そしてそれは自分ひとりでは経験してみないとわからない。多くの場合苦い失敗としてしか経験されえないものである。

 

だけど、結婚なんてものは一生のうち二度も三度もしなくてすめば、それに越したことはない。ずっと信頼できるパートナーであり続ける、あるいは危機があってもお互いが成長して乗り越えられればそれに越したことはない。

 

異性というのは、自分の思い通りにならない。言い換えるなら、自分とは別の運命を持った存在が突然自分の生活に殴り込みをかけて、新しい運命をもたらす。そして、それがうまく行かなければ本来自分が切り開くべき達成をする代わりに自分の本来のものを失ってしまう。

子供も重要である。子供は新しい自分の運命を持って生まれてきて、新しい家族の運命をつくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください