にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

相性:土星

自分がいままで実際にあって確認できる例で、離婚した夫婦で四柱推命でいう「冲」「七冲(りくちゅう、と読むんですかね)」の例がいくつかある。

冲は、生まれ日の干支のうち、支のほう、地支というほうが、占星術でいうオポジションの関係になっている人である。占星術では男女の関係に限ってはオポジションは悪くない関係なのだが、四柱推命では、強く惹かれるという説もあるが、悪く言われることのほうが多いように思う。この上に天干も悪い関係というのは、天戦地冲といわれて嫌われる。

あまり深入りはできない。四柱推命は知らないから、ちゃんと五行の生剋で見る判断ではいろいろあるのかもしれない。

が、何の意味もないならそんな名前は付けないほうがいいわけで、素人目にも現実の人間を見ていると、なるほど、と思える。

 

しかし、そのように非常に相性が悪いというものの、結婚しないかというと結構結婚している。離婚しているってことは結婚したということだからね。

相性が悪くても結婚するとか、たとえば近づく、関係にはいるというのは別のことなのだろう。

冲の人と離婚して、今から一人でがんばりましょうという人がいて、ところがわざわざ冲のパートナーを選ぶ。現実的な状況を考えても、別にそういう人を選ばなくても・・・という状況だったりする。ところが、そういうケースでも、どうやら土星のコンタクトはある。

 

土星のコンタクトというのは、二人の片方の土星が、相手の太陽・月・主要な星と、合、トライン、セクスタイル、あるいはスクエアやオポジションであったとしても、アスペクトがあるということである。これは単に雄羊と雄羊だからOKというのではなくて、6度以内のタイトなアスペクトが形成されているということである。いわゆる相性がいい悪いは関係ない。

 

土星とアスペクトがあるということは、普通はあまりいい意味にとられない。困らせられるとか、抑圧される。よい意味では節度正しい、貞潔、禁欲というようなことになる。

しかし、この場合は儀式、形式という意味、また縁という意味で土星である。

6 thoughts on “相性:土星

  1. メリル

    はじめまして。
    土星は縁ですよね。
    友達のところは、奥さん(友)の土星が旦那さんの太陽とトリン(4度)、旦那さんの月とスクエア(5度)です。
    うちは、お互いの月に土星を乗せたり、スクエアされたりしてます(どちらも2度未満)。
    私はもともとMC土星合ですが、そこに旦那の月や土星が上乗せされます。
    妙な威圧感?は出会いの時からありましたが・・・(汗)
    うちは太陽も誤差無しのオポで、月もタイトなスクエアなので、性格はお互いキツい者同士で上手くいかないだろ〜と思っていましたが、月金星・金星火星のタイトアスがあるおかげで、今のところ離婚せずにすんでいます^^;

    返信
    1. simpledirect 投稿作成者

      メリルさん、こんにちわ。

      相性の時のハードアスペクトについては、頭を悩ますところです。
      実際問題スクエアがあるということは、トラインやセクスタイルがあるより、強く影響しあうという側面があるように思います。
      また、離婚についても、ミュータブルサインが優勢であるが故の離婚と、フィックスドサインが優勢であるにもかかわらず起こる離婚と性質が違うと思うのです。
      簡単に言うと、浮気をしてもめる夫婦と、そういうものはないけれどもぶつかるときには強くぶつかってしまう、というようなパターンです。

      いずれにしても、悪くとらえないで、良い方向にお進みになってください。

      返信
  2. ボーダー柄

    遅くに失礼致します。こんばんは。
    私の旦那は出生時間が分からないので、感受点などが全く分からないのですが、 月と土星のアスペクトはありました。
    私の月と旦那の土星が0度23分差のオポジションです。
    直感で選んだけど共通点ないんじゃ…?と思っていたので、こちらのブログを読んで納得しました。
    他に分かるのは、旦那の金星冥王合が私のASCと1度未満のセクスタイル、私の土星と旦那の火星が誤差なしのトライン、お互いの金星が合(誤差5度)ぐらいですね。
    出生時間分かればいいんですが、旦那は占いに興味がない人なので協力的ではないです。(ToT)

    返信
    1. simpledirect 投稿作成者

      ボーダー柄さん、こんにちわ。

      どんな星であったところで、実際に一緒にいらして結果オーライだとおもうのですが、しかし、拝見している範囲では、これ以上ないいいご縁なんじゃないかと思います。
      金星が合ということは、ほっとできるポイントがお二人で共通だ、ということですよね。火星と土星がトラインということは、旦那さんのかまかけに対して常に奥さんが引っかかるということなのではないでしょうか。

      返信
      1. ボーダー柄

        お返事ありがとうございます。
        そう言って頂けて嬉しいです…

        >旦那さんのかまかけに対して常に奥さんが引っかかるということなのではないでしょうか
        かまかけというのは、誘導尋問のことでしょうか?
        旦那は年下ですが生意気なんです(ToT)月牡牛、水星蠍のためか、妙に厄介なところがありますね。

        返信
        1. simpledirect 投稿作成者

          ボーダー柄さん、つづいてコメントありがとうございます。

          火星というのは、片方が片方に対してアプローチをする、という意味があります。
          離れたところにいる場合など、どちらかがアクションを起こさないと仲が続かない。
          土星は逆にある程度迷惑をかける的な意味があると思います。つまり、ご主人は、奥さんの何かが気になって、常にアプローチをしていて、奥さんはそれを引きとどめるというような環境が成り立っているのではないかと思っています。それが、『好きだ!』的なポジティブなものでなくてもいいわけで、家のことが気になったり、余計なことしやがって、みたいなことでもいいと思います。

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください