にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

ハウスについて

これは雑感です。とりとめがない考えです。

今、Excelのプログラムの見直しをしています。いろいろ課題はあります。他のこともあってなかなか進みませんが・・・

一つは、トランジットのカレンダーが出せるということ。いま、プログレッションの人生カレンダーはなんとか作れるようになって、ご依頼の皆様にも人生コースという形でご提供をしてきました。

たとえば「来年の運勢」というようなものを依頼いただいた時に、同様の形で何月何日になんとかのトランジット!というのを出せるのがやっぱりいいと思うのです。ここで火星と出生図の太陽が合になるけど、月も重なるよね、プログレッションにも象意があるよね、というのが出せればいい。

 

そこでもう一つ気になるのは、ハウスです。

占星術でハウスというものを重視する人と重視しない人がいます。特に進行する運勢の場合。

訪星珠さんの本では、第7ハウスにプログレッションの月があるときは、結婚の時期の候補と書いてあります。自分の場合は必ずしもそうとはいえなかった。しかし、最近「これはどうだろう?」というホロスコープを見ました。まだ結論は出ていませんが、単に第7ハウスにあるというだけではなく、その中で同時に主要なアスペクトもあるよ、というような時期がある。すると、「これはひょっとしたらそういうことがあるんじゃないか」と思ったりします。

そうすると進行する星が、単におひつじ座の何度にありますよ、というだけではなく、出生図の第3ハウスにあります、と出て来れば「なるほど、この時期ならこれが起こりえるよね」ということになるでしょう。それ、書き出さないとダメだよね。つまり、いままでなら

火星 15おひつじ30

みたいに書いていたものを

火星 15おひつじ30 3H(つまり第三ハウス)

みたいなことを表に書き出せた方がいい。

トランジットでもそれはひょっとしたら大事なことなのではないか。今土星がネータルの第2ハウスに入った。じゃあ、それはその人の経済的な何かに影響するのではないか?直接的なアスペクトがなくても?ええ、ひょっとして。

そして、単に「ダメです!」「ラッキー!」というのではなくて、ここでは長い間積み上げたキャリアが実を結びますよとか、車を買いますとか、何か具体的なことに結び付けたい。

 

ハウスって12でいいんだろうか。サインは細分化される例があります。ハウスは一般的には細分化されない。
ただ、実際の占断ではハウスのどの位置に惑星が位置するか気になるときがあります。第7ハウスに金星と木星があったとして、木星の方がDESに近いとする。多分、この人が2回結婚するのなら、二人目の奥さんはより金星的な性格を持つ人なのではないか?みたいな。あるいは第9ハウスに入る星で、天頂に近い星は、人生の後の方で成功をもたらすのではないか、みたいな。

 

そうすると、ハウスの中でも実はその細分化があってもいいのではないか?と思ったりします。一つのハウスも2つや3つや9つに分けてもいいのではないか?

しかし、そんなのどう計算するのよ。新しいホロスコープソフトを作らないといけないんじゃない?

でもひょっとしたらあるかもしれない。

3 thoughts on “ハウスについて

  1. あめ

    なるほど。

    ハウスの中の細分化。星座はありますが確かにハウスって聞いたことないですね。

    全然記事と関係ないのですが連想で、
    ハウスカスプと星の星座が違う時ってどんな風にみたらいいんでしょうか。
    私は3ハウス終わり、ほぼICに合で火星があるのですが、カスプは蠍座、ICと火星は射手座です。
    その場合、私の火星は3ハウス的な場所で蠍座的に使われるのか、射手座的に使われるのか。射手座なんだから射手座的なんでしょうけど、その場合3H蠍は濃くて近い人間関係の中で、という風によめばいいのかしら・・。
    その中で射手座的に火星を発揮する、みたいな??
    ・・・書いてて「あ、そうかも」とは思いました(笑)

    返信
    1. simpledirect 投稿作成者

      あめさん、こんにちわ。

      難しい質問ですね。今自分でも明確に答えられないです。
      アスペクトを見るときは、私は射手だ考えて見ます。しかし、第3ハウスの意味合い、教育関係がどうだったかとか、近所の関係がどうだったかということに関しては、第3ハウスとしてみます。
      本当はもう少し難しい問題があると思っています。占断するときいちいち考えたりしないのですが、第3ハウスさそりということの意味は独自に存在するのか。ASCがおとめの方はかなりの人が第3ハウスさそりになります。その細かいことを気にするおとめの性格というものが、厳しく教育されるという第3ハウスのさそりと全く別に考えてもいいのか。

      返信
  2. あめ

    確かに私は細かいことが気になります。なるほど、ASCがおとめ座だから、で、そういう人は受ける教育が厳しかったから(しつけ、とかもですよね)って逆説的?な感じでも考えられるんですね。

    しつけ、厳しかったなあ・・。息子みてると「いいなあ、楽ちんで。ぜーんぶお母さん(私)がやってくれるもんね。掃除も洗濯も食事の後始末も。私なんて子供の時からなんでもやらされてたわ!!」とか思っちゃいます。
    とここまで書いて、いやいやいや。息子の3ハウス、乙女座じゃん!と思いました・・。
    3H乙女座はきっちり教育受けるイメージ?あれれ。でも3Hに天秤の月があるので、月である母の意向が働くしつけや初等教育、って読むのかな。それとも超自分に甘い男である息子にとっては私のしつけは細かすぎるのかしら。
    ・・・奥が深いですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください