2017年 ハデ干しコシヒカリ30kg

2017年コシヒカリの収穫は終わりましたが、現在ほとんど売却済み、ないし、予約が入っている状況で、数袋程度の余裕しかありません。いましばらく状況を見て余裕が出そうでしたらサイトでの販売をしたいと思います。

ハデ干しとは

ハデというのは、私どもの地方で稲架の呼び方で、稲刈りをしてもみの付いた稲わらをハデに架けて自然乾燥させます。
刈った稲は保存のために乾燥させなければなりません。
現在の稲作では通常コンバインが使用されます。コンバインは稲を刈ると同時にもみを稲わらから外す稲漕ぎの作業をして、その後熱風などを利用してすぐに乾燥させます。
私どもの場合は、さすがにすべて手刈りというわけではありませんが、大部分は結束機(バインダー)と呼ばれる稲刈り機で稲を刈ります。この機械は刈ると同時に稲わらを麻ひもでくくって束にしてくれます。この束をハデにかけて干します。コンバインに比べて、急速に干すのではない分品質が落ちにくく、香りも残ります。干している間に熟成するということもあります。また長期間保存していても比較的味が保たれます。

20160901hade

hadebosikotei

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

住所(必須)

題名

メッセージ本文


または
699-1214島根県雲南市上佐世506
TEL: 090-6207-1611 山内まで